忍者ブログ
基本、管理人の映画雑記。というかメモ程度。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

BFI 『Sight & Sound』(1992年)による映画トップ10


映画監督が選ぶ映画トップ10

01.『市民ケーン』  [アメリカ] (1941)/監督:オーソン・ウェルズ
02.『レイジング・ブル』  [アメリカ] (1980)/監督:マーティン・スコセッシ
02.『8 1/2』 [イタリア・フランス] (1963)/監督:フェデリコ・フェリーニ
02.『道』 [イタリア] (1954)/監督:フェデリコ・フェリーニ
05.『アタラント号』 [フランス] (1934)/監督:ジャン・ヴィゴ
05.『モダンタイムス』 [アメリカ] (1936)/監督:チャールズ・チャップリン
05.『ゴッドファーザー』  [アメリカ] (1972)/監督:フランシス・F・コッポラ
05.『めまい』 [アメリカ] (1958)/監督:アルフレッド・ヒッチコック
09.『七人の侍』  [日本] (1954)/監督:黒澤明
09.『裁かるゝジャンヌ』 [フランス] (1928)/監督:カール・テオドア・ドライヤー
09.『ゴッドファーザー Part II』  [アメリカ] (1974)/監督:フランシス・F・コッポラ
09.『羅生門』  [日本] (1950)/監督:黒澤明


映画評論家が選ぶ映画トップ10

01.『市民ケーン』  [アメリカ] (1941)/監督:オーソン・ウェルズ
02.『ゲームの規則』  [フランス] (1939)/監督:ジャン・ルノワール
03.『東京物語』  [日本] (1953)/監督:小津安二郎
04.『めまい』 [アメリカ] (1958)/監督:アルフレッド・ヒッチコック
05.『捜索者』 [アメリカ] (1956)/監督:ジョン・フォード
06.『アタラント号』 [フランス] (1934)/監督:ジャン・ヴィゴ
06.『裁かるゝジャンヌ』 [フランス] (1928)/監督:カール・テオドア・ドライヤー
06.『大地のうた』 [インド] (1955)/監督:サタジット・レイ
06.『戦艦ポチョムキン』 [ソ連] (1925)/監督:セルゲイ・エイゼンシュテイン
10.『2001年宇宙の旅』 [イギリス・アメリカ] (1968)/監督:スタンリー・キューブリック
 

PR

BFI 『Sight & Sound』(2002年)による映画トップ10


映画監督が選ぶ映画トップ10

01.『市民ケーン』  [アメリカ] (1941)/監督:オーソン・ウェルズ
02.『ゴッドファーザー』  [アメリカ] (1972)/監督:フランシス・F・コッポラ
   『ゴッドファーザー Part II』  [アメリカ] (1974)/監督:フランシス・F・コッポラ
03.『8 1/2』 [イタリア・フランス] (1963)/監督:フェデリコ・フェリーニ
04.『アラビアのロレンス』  [イギリス] (1962)/監督:デヴィッド・リーン
05.『博士の異常な愛情』 [イギリス] (1964)/監督:スタンリー・キューブリック
06.『自転車泥棒』  [イタリア] (1948)/監督:ヴィットリオ・デ・シーカ
06.『レイジング・ブル』  [アメリカ] (1980)/監督:マーティン・スコセッシ
06.『めまい』 [アメリカ] (1958)/監督:アルフレッド・ヒッチコック
09.『羅生門』  [日本] (1950)/監督:黒澤明
09.『ゲームの規則』  [フランス] (1939)/監督:ジャン・ルノワール
09.『七人の侍』  [日本] (1954)/監督:黒澤明


映画評論家が選ぶ映画トップ10

01.『市民ケーン』  [アメリカ] (1941)/監督:オーソン・ウェルズ
02.『めまい』 [アメリカ] (1958)/監督:アルフレッド・ヒッチコック
03.『ゲームの規則』  [フランス] (1939)/監督:ジャン・ルノワール
04.『ゴッドファーザー』  [アメリカ] (1972)/監督:フランシス・F・コッポラ
   『ゴッドファーザー Part II』  [アメリカ] (1974)/監督:フランシス・F・コッポラ
05.『東京物語』  [日本] (1953)/監督:小津安二郎
06.『2001年宇宙の旅』 [イギリス・アメリカ] (1968)/監督:スタンリー・キューブリック
07.『戦艦ポチョムキン』 [ソ連] (1925)/監督:セルゲイ・エイゼンシュテイン
07.『サンライズ』 [ソ連] (1927)/監督:F・W・ムルナウ
09.『8 1/2』 [イタリア・フランス] (1963)/監督:フェデリコ・フェリーニ
10.『雨に唄えば』  [アメリカ] (1952)/監督:ジーン・ケリー、スタンリー・ドーネン
 

 映像を志す若者に(以下略) ~50本の映画リスト~

『月世界旅行』  [フランス] (1902)/監督:ジョルジュ・メリエス
『イントレランス』  [アメリカ] (1916)/監督:D・W・グリフィス
『カリガリ博士』  [ドイツ] (1920)/監督:ローベルト・ヴィーネ
『極北のナヌーク』  [アメリカ・フランス] (1922)/監督:ロバート・J・フラハティ
『戦艦ポチョムキン』  [ソ連] (1925)/監督:セルゲイ・エイゼンシュテイン
『メトロポリス』  [ドイツ] (1927)/監督:フリッツ・ラング
『裁かるゝジャンヌ』  [フランス] (1928)/監督:カール・T・ドライヤー
『アンダルシアの犬』  [フランス] (1929)/監督:ルイス・ブニュエル
『カメラを持った男』  [ソ連] (1929)/監督:ジガ・ヴェルトフ
『新学期 操行ゼロ』  [フランス] (1933)/監督:ジャン・ヴィゴ

『丹下左膳余話 百萬両の壺』  [日本] (1935)/監督:山中貞夫
『モダン タイムス』  [アメリカ] (1936)/監督:チャーリー・チャップリン
『ゲームの規則』  [フランス] (1939)/監督:ジャン・ルノワール
『駅馬車』  [アメリカ] (1939)/監督:ジョン・フォード
『市民ケーン』  [アメリカ] (1941)/監督:オーソン・ウェルズ
『自転車泥棒』  [イタリア] (1948)/監督:ヴィットリオ・デ・シーカ
『無防備都市』 [イタリア] (1945)/監督:ロベルト・ロッセリーニ
『羅生門』  [日本] (1950)/監督:黒澤明
『東京物語』  [日本] (1953)/監督:小津安二郎
『雨月物語』  [日本] (1953)/監督:溝口健二

『裏窓』 [アメリカ] (1954)/監督:アルフレッド・ヒッチコック
『道』 [イタリア] (1954)/監督:フェデリコ・フェリーニ
『幕末太陽傳』  [日本] (1957)/監督:川島雄三
『大人は判ってくれない』 [フランス] (1959)/監督:フランソワ・トリュフォー
『勝手にしやがれ』 [フランス] (1959)/監督:ジャン=リュック・ゴダール
『裸の島』  [日本] (1960)/監督:新藤兼人
『2001年宇宙の旅』 [イギリス・アメリカ] (1968)/監督:スタンリー・キューブリック
『イージー・ライダー』  [アメリカ] (1969)/監督:デニス・ホッパー
『薔薇の葬列』  [日本] (1969)/監督:松本俊夫
『ホーリー・マウンテン』  [メキシコ・アメリカ] (1973)/監督:アレハンドロ・ホドロフスキー

『惑星ソラリス』 [ソ連] (1972)/監督:アンドレイ・タルコフスキー
『悪魔のいけにえ』  [アメリカ] (1974)/監督:トビー・フーパー
『旅芸人の記録』  [ギリシャ] (1975)/監督:テオ・アンゲロプス
『タクシードライバー』 [アメリカ] (1976)/監督:マーティン・スコセッシ
『イレイザーヘッド』  [アメリカ] (1977)/監督:デヴィッド・リンチ
『ラルジャン』  [フランス・スイス] (1977)/監督:ロベール・ブレッソン
『地獄の黙示録』 [アメリカ] (1979)/監督:フランシス・フォード・コッポラ
『ブレード・ランナー』 [アメリカ] (1982)/監督:リドリー・スコット
『家族ゲーム』  [日本] (1983)/監督:森田芳光
『楢山節考』  [日本] (1983)/監督:今村昌平

『パリ、テキサス』 [西ドイツ・フランス] (1984)/監督:ヴィム・ヴェンダース
『ストレンジャー・ザン・パラダイス』  [アメリカ・西ドイツ] (1984)/監督:ジム・ジャームッシュ
『台風クラブ』  [日本] (1985)/監督:相米 慎二
『未来世紀ブラジル』  [イギリス] (1985)/監督:テリー・ギリアム
『陽炎座』  [日本] (1987)/監督:鈴木清順
『ゆきゆきて、神軍』  [日本] (1987)/監督:原一男
『AKIRA』  [日本] (1988)/監督:大友克洋
『鉄男』  [日本] (1989)/監督:塚本晋也
『許されざる者』  [アメリカ] (1992)/監督:クリント・イーストウッド
『ヴァンダの部屋』  [ポルトガル] (2000)/監督:ペドロ・コスタ
『回路』  [日本] (2001)/監督:黒澤清


仲間内で話題になっていた50本の映画リストですが、正確には51本あります。
『AKIRA』が余計な気もするが、とりあえず参考までに。

全国で25のシネコンを使って、50本の名作映画(洋画)を1年間かけて上映する企画。
2010年2月6日より開始。
公開する50本映画は投票によって選出される。(50~70年代の映画が中心)
ニュープリントで上映するため、投票数の多い作品順にすべてが上映されるわけではない。
投票による上位10位は以下の通り。

01.ショーシャンクの空に
02.サウンド・オブ・ミュージック
03.ニュー・シネマ・パラダイス
04.フォロー・ミー
05.風と共に去りぬ
06.ローマの休日
07.スタンド・バイ・ミー
08.2001年宇宙の旅
09.小さな恋のメロディ
10.E.T.


公開作品50本(五十音順)

『明日に向って撃て!』  [アメリカ] (1969)/監督:ジョージ・ロイ・ヒル
『アパートの鍵貸します』  [アメリカ] (1960)/監督:ビリー・ワイルダー
『アマデウス」』  [アメリカ] (1984)/監督:ミロス・フォアマン
『雨に唄えば』  [アメリカ] (1952)/監督:ジーン・ケリー、スタンリー・ドーネン
『アラビアのロレンス』  [イギリス] (1962)/監督:デヴィッド・リーン
『ある日どこかで』  [アメリカ] (1980)/監督:ヤノット・シュワルツ
『ウエスト・サイド物語』  [アメリカ] (1961)/監督:ロバート・ワイズ、ジェローム・ロビンス
『裏窓』  [アメリカ] (1954)/監督:アルフレッド・ヒッチコック
『映画に愛をこめて アメリカの夜』  [フランス・イタリア] (1973)/監督:フランソワ・トリュフォー
『エデンの東』  [アメリカ] (1952)/監督:エリア・カザン

『お熱いのがお好き』  [アメリカ] (1959)/監督:ビリー・ワイルダー
『男と女』  [フランス] (1966)/監督:クロード・ルルーシュ
『カサブランカ』  [アメリカ] (1942)/監督:マイケル・カーティズ
『クレイマー、クレイマー』  [アメリカ] (1979)/監督:ロバート・ベントン
『刑事ジョン・ブック/目撃者』  [アメリカ] (1985)/監督:ピーター・ウィアー
『激突!』  [アメリカ] (1971)/監督:スティーヴン・スピルバーグ
『ゴッドファーザー』  [アメリカ] (1972)/監督:フランシス・F・コッポラ
『ショウほど素敵な商売はない』  [アメリカ] (1954)/監督:ウォルター・ラング
『ショーシャンクの空に』  [アメリカ] (1994)/監督:フランク・ダラボン
『十二人の怒れる男』  [アメリカ] (1957)/監督:シドニー・ルメット

『スタンド・バイ・ミー』  [アメリカ] (1986)/監督:ロブ・ライナー
『スティング』  [アメリカ] (1973)/監督:ジョージ・ロイ・ヒル
『戦場にかける橋』  [アメリカ] (1957)/監督:デヴィッド・リーン
『太陽がいっぱい』  [フランス・イタリア] (1960)/監督:ルネ・クレマン
『第三の男』  [イギリス] (1949)/監督:キャロル・リード
『大脱走』  [アメリカ] (1963)/監督:ジョン・スタージェス
『チャップリンの独裁者』  [アメリカ] (1940)/監督:チャールズ・チャップリン
『追憶』  [アメリカ] (1973)/監督:シドニー・ポラック
『鉄道員』  [イタリア] (1956)/監督:ピエトロ・ジェルミ
『天井桟敷の人々』  [フランス] (1945)/監督:マルセル・カルネ

『眺めのいい部屋』  [イギリス] (1986)/監督:ジェームズ・アイヴォリー
『2001年宇宙の旅』  [アメリカ] (1968)/監督:スタンリー・キューブリック
『ニュー・シネマ・パラダイス』  [イタリア・フランス] (1989)/監督:ジュゼッペ・トルナトーレ
『バベットの晩餐会』  [デンマーク] (1987)/監督:ガブリエル・アクセル
『薔薇の名前』  [フランス・イタリア・西ドイツ] (1986)/監督:ジャン・ジャック・アノー
『パピヨン』  [フランス・アメリカ] (1973)/監督:フランクリン・J・シャフナー
『羊たちの沈黙』  [アメリカ] (1988)/監督:ジョナサン・デミ
『昼下りの情事』  [アメリカ] (1957)/監督:ビリー・ワイルダー
『フィールド・オブ・ドリームス』  [アメリカ] (1989)/監督:フィル・アルデン・ロビンソン
『フォロー・ミー』  [イギリス・アメリカ] (1972)/監督:キャロル・リード

『ブリット』  [アメリカ] (1968)/監督:ピーター・イェーツ
『ベン・ハー』  [アメリカ] (1959)/監督:ウィリアム・ワイラー
『北北西に進路を取れ』  [アメリカ] (1959)/監督:アルフレッド・ヒッチコック
『ミクロの決死圏』  [アメリカ] (1966)/監督:リチャード・フライシャー
『ライトスタッフ』  [アメリカ] (1983)/監督:フィリップ・カウフマン
『ライムライト』  [アメリカ] (1952)/監督:チャールズ・チャップリン
『レインマン』  [アメリカ] (1988)/監督:バリー・レヴィンソン
『ローマの休日』  [アメリカ] (1953)/監督:ウィリアム・ワイラー
『ロミオとジュリエット』  [イギリス・イタリア] (1968)/監督:フランコ・ゼフィレッリ
『ワイルドバンチ』  [アメリカ] (1969)/監督:サム・ペキンパー


50本中、38本がアメリカ映画で、次に多いのがフランス映画で7本。
全体の約7割がアメリカ映画となっている。
同じ監督の作品が多く、ビリー・ワイルダーに関しては3本もチョイスされてる。
 

カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN : えんたあしぇる
HP : Pilepumpkin
職業 : 専門職
自己紹介 : 本家ブログを参照
http://entershell.blogspot.com/
ブログ内検索
バーコード

Template "simple02" by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]